東京都内の梅のお花見スポット!
  1. 子供とお出かけコトイク
  2. >
  3. おすすめのお出かけスポット
  4. >
  5. 花見
  6. >
  7. 東京都内の梅のお花見スポット!

立春から早2週間
春も少しずつ近づいてきていますね。


実は花見の元祖は「梅」でした

実は花見の元祖は「梅」でした
お花見といえば桜。4月になればあちこちで桜のイベントも開催されますよね。
でも、桜がメジャーになる前は、花見といえば「梅」だったんです。
梅は奈良時代あたりに中国から、鑑賞する文化と共に伝わりました。
万葉集にも、梅の歌が多く詠まれており、桜は好まれていませんでした。
平安時代に入って、人々の好みが桜に移り、江戸時代には着飾って出掛ける1年で一番華やかなシーズンになりました。

「梅」と「桜」違いはなぁに?これであなたも梅博士!

「梅」と「桜」違いはなぁに?これであなたも梅博士!
梅と桜何が違うのかよくわからない、って方多いと思います。
ちょっと整理してみましょう。

まず、花びらの違いがあります。梅の花びらは先端が丸く、桜は先が割れています。
(※品種によるので、必ずではありません。)

次に、花のつき方に違いがあります。
桜は花柄(花と枝の間にある茎のようなもの)が長く枝からこぼれるように咲いています。
梅は枝に直接花がついていて、同じ場所から1つずつのつぼみがでます。葉っぱは花が咲き終わってからでます。

最後に、幹の違いです。
桜は横じま模様でツヤっぽいですが、梅は幹の皮が割れていて、ゴツゴツザラザラしています。
触れるところだったら実際に触ってみてもいいかもしれないですね。

わかりやすい図があったので、ご紹介します。

「梅と桜の違い」を詳しく見る

梅に詳しくなったら実際に観に行ってみよう!

梅の見頃は1月下旬~3月上旬と言われていますが、東京は今が見頃!!
春を感じる、梅のおでかけスポットをご紹介します。

徳川家ゆかりの庭で楽しむ梅

徳川家ゆかりの庭で楽しむ梅
約90本の紅梅・白梅がある、小石川後楽園。
3月6日まで『梅香る庭園へ』が開催されています。
日によって、狂言や琴の演奏をしているので、お子様に日本文化を伝えるいい機会かもしれません。

駐車場はありませんが、メトロ・JRともに徒歩10分圏内でアクセスがいいので、どこかの帰りにふらっと寄れちぃます。
ちなみにFREEWiFiもありますよ。

「小石川後楽園」を詳しく見る

39回目の梅まつりをご家族で

39回目の梅まつりをご家族で
こちらも3月6日まで「せたがや梅まつり」が開催されています。
なんと今年で39回目!!
親御さんの中で、「小さい頃行ったかも・・・」って方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらは琴や太鼓の演奏に加えて、梅大福など梅にちなんだ食べ物の販売もあるので、おなかも大満足しそうなイベントです。
ペットも入れるので、ワンちゃんを連れたお散歩もできますよ。

アクセスは、小田急梅ヶ丘駅から徒歩5分です。

「第39回せたがや梅まつり」を詳しく見る

3000坪に梅が広がる・・・

3000坪に梅が広がる・・・
江戸時代にあった梅の名所「小村井梅屋敷梅園」を、小村井香取神社の境内の一画に再現された場所。
85種類、120本の梅の木が植えられていて、珍しい品種もあるので、ここに来ればいっきに梅博士になれそうです!!
植物が好きなお子さんにいいかもしれないですね。

こちらも現在梅まつりを開催中で、2月20日21日は琴の演奏と抹茶がふるまわれますよー。
入場料も無料なので、ふらっと行きやすいですね!!

東武鉄道小村井駅から徒歩5分で行けます!!

「香梅園」を詳しく見る

今年は梅で早めのお花見を楽しんでみて・・・・

桜が目立ちすぎて、なかなか注目できていない梅ですが、都内でもたくさんイベントあるんですね。

お外にでかけるときは梅にも注目してみましょう!!
きっとかわいい花がご挨拶してくれますよ♪

「おすすめのお出かけスポット」を全て見る